【スキー場に車で行く】四駆なら大丈夫?実は四駆で危なかった体験!

非降雪地域にお住まいの方が、スキー場に車で行くとき「四駆だから大丈夫」という方がいらっしゃいます。私もそう思っていた一人です。でも、実は四駆で危ない体験をしてしまいました!

その経験から、最も重要なのはストップ性能だということが身に染みました。止まれなければ転落の危険もあるのです。この記事では、車でスキー場に行くための知恵をご紹介します。これを知って安全に楽しくでかけましょう!

※この記事は、非降雪地帯にお住まいの方が、マイカーでスキー場に出かける場合を想定しています。降雪地帯の方はスルーしてください。

四駆で雪道走行、止まれない、どうしよう!

これから紹介するのは、私の苦い経験です。危険回避の参考にしていただければ、という趣旨でお話ししますね。

雪道走行はやっぱり四駆だね・・・?

ファミリーでスキー場に出かけるようになった頃、車の買い換え時期にさしかかりました。

その頃、空前のRVブーム(レクリエーショナル・ビークル)でテレビのCMでは、RV車に乗って海や山をエンジョイするイメージが盛んに放映されていました。とくに、「雪道走行は4WDだよ」みたいなイメージ映像がさかんに流されていたものです。

四輪駆動車とは、4つのタイヤがエンジンやモーターの動力で駆動して進むことができる車のこと。一般的な車は2輪駆動と言って、前か後ろのタイヤ2本だけが駆動する。4輪が駆動できると、動力をまんべんなく伝えることが出来るので、走破性が高いと言われている。

そういうわけで、車の買替えにあたって、「雪道走行に強い車」だと考えて「四輪駆動車(4WDともいう)」を購入しました。(以下四駆と表記)

四駆は確かにスタックに強かった!

通常の舗装道路を走っている時は、4輪が駆動することのメリットは感じませんでした。でも、海水浴場の砂地になると、4輪の恩恵は明らかでした!

2輪駆動の車が、砂地に入ると、片方の2輪だけが駆動するため、砂でタイヤが空転しがちになります。最悪の場合は抜け出せなくなる。(これをスタックと言います)

一方、4輪が駆動すると、車全体がスーッと動く感じになり、スタックせずに前進することができます!四駆は確かにスタックに強い、そう感じたものでした。

雪道走行に備えて、スタッドレスタイヤとチェーンも用意したが

雪道走行に備えて、タイヤは4輪ともスタッドレスを装着し、更に、耐久性の高いタイプのタイヤチェーンを携行することにして、これで雪道は完璧だと思っていました。

凍結した上り坂にさしかかると、周囲の車は、坂を登れずチェーンを装着していました。私の車は、4輪が駆動する恩恵(?)で、すいすいと登れました。立ち往生している他の車を横目に、何となく優越感も覚えたのですが・・・。

ところが、下り坂で止まれない、どうしよう・・・

登った坂は下らなければなりません。 凍結した急な坂を下るときになって、私の車に大問題が降りかかりました。

下り坂のずっと先方に停車車両が見えたので、減速し停車しようと思ったのですが、減速できないのです。 エンジンブレーキでは急な下り坂のため、減速しません。フットブレーキを踏むと、スタッドレスタイヤのグリップ力の限界を超えてタイヤはスリップ。

「 減速できない!!」

非常手段として路肩で止めようにも 道路の脇は川。 転落の恐れ。車には、子どもや妻が乗っている・・・。

こうなれば停止車両にぶつけて止めるしかない、と覚悟を決めました。

・・・と、幸いなことに、停止車両が動き出しました。おかげで衝突は免れました。(単に、運が良かっただけです)

何が間違っていたのだろう?

「四駆なのに、スタッドレスなのに・・・どうして?」そう思ったのですが、そのあと、ある自動車評論家が次のような事を述べてありました。

最近の四駆ブーム。「雪道に強い」というCMをよく見かけるが、いくら走破性が高くても、止まれなければむしろ危険である。車のブレーキは四駆だろうが二駆だろうが最初から4輪についている。つまり、ストップ能力は、四駆だろうが二駆だろうが違わないということだ。

ということは、雪道の四駆は、走破性だけが勝って、ストップ能力は二駆と変わらないということを意味する。

実際、スキー場近くで路肩に突っ込んでいる四駆をよくみかけるが、止まれなかった結果だろう。

そうだったのか!

二駆+スタッドレスタイヤの場合、急な上り坂やアイスバーンではスタッドレスの限界で、立ち往生してしまう(でも事故ではない)。そこで、タイヤチェーンを更に装着して走行することになる。すると、下り坂にさしかかっても、タイヤチェーンががっちり路面をとらえるので、制動力が確保される。

しかし、四駆だと、本来、スタッドレスタイヤでは上れないような滑りやすい路面でもタイヤチェーン無しで上れてしまう。ところが下るときは、スタッドレスタイヤの制動限界を超えてしまう・・・。

まとめ~走破性能よりもストップ性能が大切!

この経験で、「四駆は走破性能は他車より高い、でも雪道でのストップ性能は他車と変わらない」ということが身に染みてわかりました。

まとめです!

「四駆は雪道走行に強い」というイメージがある。でも雪道走行で最も大切なのは、ストップ性能。だからFF車やFR車のような二駆でいいから4輪ともスタッドレスタイヤで走行し、凍結した急な上り坂では早めにチェーンを装着!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です