【スキー場に車で行く】スタッドレスタイヤの買い方・使い方!

車でスキー場に行くときの必須アイテム、スタッドレスタイヤ。(チェーン携行も必須です)。非降雪地域に住んでいる私が、購入から保管までをどう工夫しているか公開します。ご覧になって、安全な雪道ドライブの参考になれば幸いです♪ 末永く滑りに行きましょう!

※この記事は非降雪地域にお住まいの方がスキー場に出かけることを想定しています。降雪地域にお住まいの方はスルーしてください。

スタッドレスタイヤの購入

購入時期ってあるの?

非降雪地域に住んでいる場合、スタッドレスタイヤは秋頃購入するのが得です!

なぜなら、カーショップが困るのは、「天気予報で数日後に積雪の恐れ」というのを耳にして、購入希望者が殺到すること。タイヤをホイールに取り付ける作業には時間がかかりますので、一度に多くの客が殺到すると、取り付け作業が追いつかなくなるからです。そこで、カーショップによっては、秋頃に早めに購入する人には何らかの特典をつけてくれます。また、秋頃は、新作タイヤが出そろっています。

そういう訳で、私は、秋にカーショップで注文をして、入荷したらすぐにホイールに取り付けて貰っています。

ホイールも一緒に購入!

スタッドレスタイヤはどれがいい?

スタッドレスタイヤと言っても、メーカーも商品もさまざまです。どれがいいか?というと大変迷う所です。そこで、私は、馴染みのカーショップで信頼できるスタッフさんにアドバイスをもらって決めています。

  • 自分が車で行こうとしているスキー場はどのあたりにあるか
  • スキー場までの道路の実際の凍結・積雪状況

などをお話しすると、それに見合う性能のタイヤを選んでくれます。なお、万が一スリップして事故ったらお金も飛んでしまうので、安くて性能がいまいちのものは避け、少々高くても性能優先で決めています。

予備のホイールに取り付けてもらっておく!

スタッドレスタイヤを購入するとき、ホイールも買って取り付けてもらいます。

こうすると、自分の都合が良いタイミングで車に装着したり外したりすることが可能になるからです(※着脱の道具は後述)。非積雪地域でたまに雪が降ると、みんな慌ててチェーン購入やスタッドレス購入に殺到します。自分で保管しているスタッドレスを車屋さんにつけて貰おうと思っても、予約でいっぱい、などという状況に・・・。

というわけで、スタッドレスタイヤは予備のホイールに取り付けてもらって、ホイールごと保管し、自分の都合のいいタイミングで自分で装着しています。

このあとご紹介する「タイヤ交換グッズ」を揃えると、簡単に楽しく交換できるので、楽しみが増えます♪

タイヤの着脱にあると楽しくなるアイテム!

1 油圧式オートジャッキ

タイヤ交換するには、車体を持ち上げるオートジャッキが必要ですが、油圧式がラクです。

車を買うと標準でついていることが多いパンタグラフジャッキがあれば、それで十分に役立つと思います。でも、ハンドルを回すのが意外に重いのです。その点、油圧式ジャッキは、摩擦がないので、すいすいと持ち上げることができます。

油圧式+パンタグラフ式ジャッキ!

そういう理由から、私は、油圧式ジャッキを利用しているのですが、特に、最近見つけた、油圧式+パンタグラフ式ジャッキは、摩擦がなくて楽で、しかも、パンタグラフのはたらきで、持ち上げ高さが十分高い々です! これで車を持ち上げると楽しいですよ~♪

ホイールナットを回すには電動インパクトレンチ!

タイやを着脱するにはホイールナットを回さなければなりませんが、電動インパクトレンチがあるとラクだし能率が上がります。

この写真のような十字レンチでも回せるのですが、特にこの写真のような「鉄ホイール」の場合、ナットがなかなかゆるまず、力を入れて回してもびくともしなかったりします。あの手この手でやっと回せたとして、それだけで10分20分経過。全タイヤ交換する場合、ホイルナットは5個×4本=20個。この1個1個にこんなに時間がかかったのでは、意気消沈です!

よって、私は、ホイールナットを回すには電動インパクトレンチを利用しています!

引き金を引くと、モーターが回って、カキン・ カキン・ カキン・ カキン、とあっという間にホイールナットを外せるので、快感ですよ~♪

モーターなどの回転がある一定の早さに達すると、レンチ内のギアが噛み合ってカキンという音とともに、軸を回すタイプのレンチ。手作業では固くて回せないナットも、カキンという衝撃で、くるくる回るようになるので快適な作業が可能!

タイヤを装着したら空気圧をチェック!

タイヤの空気が不足していると、パンクなどのトラブルの元です。タイヤ交換のあとは、必ず、空気圧をチェックして、足りなければ、空気を補充する必要があります。

これは、現在私が使っている、電動空気ポンプです。タイヤの空気バルブに装着すると、空気圧計でチェックできるようになっています。不足の場合(たいてい不足している)、スイッチを入れると、モーターが回り、みるみるうちに、空気が補充されますので、気持ちいいです!

スタッドレスタイヤを履くタイミング

車でスノボに行く場合、スタッドレスタイヤは、出発前前日までに装着するのがいいと考えています。

そのわけは、あまり早めに装着すると、それだけ摩耗が進みます。逆に、前日に装着すると、そのタイヤで安全走行できるか確認する時間が十分にとれないかもしれないからです。

・・・とは言っても、出発予定が土曜日だと前前日は木曜日(平日)、ちょっとムリかな、ということが多いので、私の場合は、その前の週末に装着しています!

スタッドレスタイヤの保管

車でスノボに行ける期間は、1年の間でも限られています。それ以外の期間は、取り外して保管することになりますが、次のような点に注意しています。

タイヤの汚れを洗い流す

スタッドレスタイヤのグリップ力は、「コンパウンド」と呼ばれる接地面の特殊なゴムのおかげで生まれるそうです。ところがこのゴムは、傷みやすいそうです。

そこで、タイヤの接地面を丁寧に洗って汚れを落とし、タイヤの溝につまっている小石を除去しています。

タイヤは涼しく光りが当たらない場所に保管

そして、保管にも気を配っています。デリケートなゴムが傷まないように、涼しくて、光が当たらない場所に保管しています。

私の場合、スタッドレスタイヤ用の台車を用意し、積み込んだあと、ガラガラと台車を押して、家屋内のミニ倉庫に収納しています。 「また、次シーズンもよろしく!」という願いも込めながら・・・♪

まとめです!

以上のように、スタッドレスタイヤを買おうと考えると、それがまた、タイヤを購入を楽しんだり、タイヤ交換グッズの購入を楽しんだりして、気持ちが充実します♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です