【スキー場に車で行く】冬タイヤはもちろん、タイヤチェーンが必要なワケは?

スキー場に車で行くなら、基本は冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)です。けれど、タイヤチェーンも携行しなければなりません。その理由と、タイヤチェーンの選び方をお話しします。

※この記事は、非降雪地域にお住まいの方がスキー場に車で出かけることを想定して書いています。降雪地域にお住まいの方はスルーしてください。

スキー場に出かけるときに欠かせない「滑り止め」への投資!

とても当たり前のことを述べるようで恐縮ですが、スキー場に出かけるには「滑り止め」が必要です。滑り止めとは「スタッドレスタイヤ」「タイヤチェーン」のことです。『そんなの当たり前だ!』と叱られそうですが、しかしながら・・・、

Aさん

「自分の車は、オフロードタイヤだし、四駆だから大丈夫だよ」

こんな方が現実にいらっしゃいます。オフロードタイヤは雪道の滑り止めにはならない、ということを最初に述べておきたいと思います。

凍結路で滑らないためには、タイヤと地面が触れる部分のゴム質が大きく影響するそうです。一般的には、低温になるほどゴムは固くなってしまうので、グリップ力を失い、スリップしてしまうとのこと。これは、ノーマルタイヤはもちろんですが、オフロードタイヤでも同じ事。これを避けるには、低温になっても柔軟性を保つ特殊なゴムを使ってタイヤを作らなければなりません。

ずっと以前は、タイやにスパイクピン(スタッド)を打ち込んだスパイクタイヤが使われていましたが、雪面だけじゃなくて、舗装までも削り取ってしまうので、使用禁止になりました。そこで開発されたのが、低温になっても柔軟性を保つ特殊なゴムを使ったタイヤです。これがスタッドレスタイヤと呼ばれています(「スタッドレス」とは、「スパイクピンが無い」という意味です)。

一方、スキー場近くのペンションで、こんな若者に会ったことがあります。

若者

チェーンは高そうだし、雪は積もってなさそうだから、ノーマルタイヤで来ました。

けれど、その日の夜から、雪が積もり始めたので、「これはヤバい」と、帰宅することにしたらしいのですが、高速道路はチェーン規制でノーマルタイヤでは通行できません。そこで、一般道で峠越えする、というから、周囲の人々から思いとどまるように説得されていました。恐ろしいですね。ノーマルタイヤで峠を越えようとすれば、恐らく雪の中で立ち往生。凍死する危険さえあります。

雪道を甘くみてはいけません。スキー場に出かけるには「滑り止め」に投資して命を守る、という心構えが大切でしょう。

「スタッドレスタイヤ」VS「タイヤチェーン」

スキー場に出かけるために必要な「滑り止め」には、「スタッドレスタイヤ」と「タイヤチェーン」がありますが、どちらも決して万能という訳では無く、一長一短があります。そこで、双方を比較してみます。

タイヤチェーンの長所と欠点

タイヤチェーンをスタッドレスタイヤと比べてみると・・・。

購入しやすさ

購入費用はかなり安くて済みます。それに、お店で購入して持ち帰るだけですので、商品在庫さえあればすぐに手に入れることが可能です。

凍結道路でのグリップ力

積雪があったり凍結したりしている路面に対しては、タイヤチェーンの方が高いグリップ力を発揮します。斜度のある凍結路を登ったり、停止したりする場合に頼りになる存在です。

切れる恐れがある

しかし、タイヤチェーンの弱点は「切れるかもしれない」という点です。

雪道だけを走行するなら、切れることはまずないでしょう。しかし、トンネルに入れば、路面は乾いています。するとタイヤと路面に挟まれた状態で走行することになり、すり減ってしまい突然断裂するリスクがあるんです。

タイヤチェーンは、一箇所でも切れると、使えなくなってしまいます。最悪の場合は、車軸に巻き付いて走行不能になる恐れもあるようです。

チェーンは装着するタイミングが難しい!

「非降雪路面ではチェーンは切れやすい」となると、非降雪地域にお住まいの方の場合、自宅周辺は積雪がありませんので、自宅を出る時点では装着するわけにはいきません。

じゃあ、どの時点で装着するのか、その判断がなかなか難しいです。

スキー場に近くなってきて、路面に雪が積もっているのが見えるまで装着を遅らせていると、積雪が見えた時には、すでにスリップして事故っているかもしれません。

だからといって、路面に雪がない時点で早めに装着すると、非降雪路面をいつまでもいつまでも進むことになったりして、摩耗のリスクが高くなります。

チェーンは装着するタイミングが意外に難しいものです。

スタッドレスタイヤの長所と欠点

自宅を出る時からずっと装着しておける

その点、スタッドレスタイヤは、乾燥路面を走っても傷みませんから、自宅を出る時からずっと装着しておくことが可能で、いざ雪道になっても、そのまま、スイスイと進んだりで停止することができます。

そのおかげで、「装着が遅れた事故」のようなものが起きませんので、安全性が高いと言えます。

価格は、タイヤチェーンよりもかなり高価にはなりますが、雪道走行の安全のための装備として必要でしょう。

振動が少ない

スタッドレスタイヤは、タイヤチェーンのような振動や激しい走行音はしません。ノーマルタイヤよりも少し接地音がする程度で、静かで走りやすいです。

グリップ力に限界がある!

しかし、スタッドレスタイヤの最大の弱点は、グリップ力に限界があるという点です。

積雪路を走るとき、緩やかな上り坂ならスイスイ上れます。しかし、斜度がきつくなると、車輪が空転し、進めなくなります。以前、マニュアルミッション車に乗っていた頃は、「サードギアで通行できる傾斜まで」と言っていました。

また、アイスバーンになっている、スタッドレスタイヤが古い、という場合もグリップ力が下がるようです。

でも、高速道路には極端な坂道がないので、積雪のある高速走行にはスタッドレスタイヤが最適だと考えられます。

スタッドレスタイヤとタイヤチェーンの双方で欠点を補い合う!

以上のように、両者は万能ではなく、一長一短がありますので、お互いの欠点をカバーするために、両方を準備する必要があります。

スキー場に車で行く場合、冬タイヤはもちろんタイヤチェーンも必要だというわけです。

自宅を出るときはスタッドレスタイヤを履いておき、そのまま雪道走行します。万が一、スタッドレスタイヤのグリップ限界を超えるような路面(急斜面、アイスバーン)にさしかかったときだけ、タイヤチェーンを装着する。

という使い方で、安全を確保するのです。

凍結した下り坂、ストップ出来なかったら超キケン!

【スキー場に車で行く】四駆なら大丈夫?実は四駆で危なかった体験!」で詳しく述べていますが、雪道では「止まれない!!」というのが命取りになりかねません!

スタッドレスタイヤは凍結した急な坂道が苦手。登る前にチェーンを巻いておかないと、いざ下ろうとしたときに止まれないかも・・・。最悪、転落事故で大惨事になりかねません。

そういう理由からも、雪道走行には、「スタッドレスタイヤ装着+チェーン携行」がマストです!

タイヤチェーンのオススメは?

単刀直入に言うと!

単刀直入に言うと、この写真のタイプのタイヤチェーンがオススメです。

値段は安くはありませんし、少々かさばります。

でも、その代わり、長いトンネル内(乾燥路)をそのまま通行しても破損する心配がなく、着脱も非常にラク。そして、ゴムに打ち込まれた金属のスパイクピンが路面をがっちりとらえるので、ツルツルの路面でもOK。また、深雪路でもゴムが雪かきしながら駆動するので、スタックする可能性が低いです。

そこそこの値段ですが、「止まれずに転落し大惨事」を避けるための装備と考えると、むしろ安いのではないでしょうか!

よくある梯子形金属チェーンの失敗談!

かつてチェーンを言えばこのタイプが主流でした。梯子型金属チェーンです。ところが、これを巻いて走行してみると、路面に接触する部分がどんどん摩耗するんです。 トンネル内や雪があまりない路面を通るとどんどん摩耗して しまいました。

よくよく見ると、チェーンを構成しているのは、細い金属で作った輪!小指よりも細い。鉛筆よりも細い。そして、どこか1箇所でも摩耗して切れると、チェーン全体が車軸に巻き付き走行不能に!

摩耗を考えるとコレ!

このタイプは、路面に接触する部分が摩耗して1箇所切れてたとしても、そのまま走行できます。金属のスパイクピンが1本抜けたとしても、ほかのピンがあれば制動がききます。

まとめです!

タイヤチェーンを選ぶときは、値段の安さではなく、摩耗しても走れるかどうかが重要!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です