「健康になるには?若さを保つには?」-鈴木さんがウォーキングに身が入るようになった理由とは!

沓掛山からの眺望

やまあそび仲間になってくださった実在の女性、鈴木さん(仮名)の言葉です。

「最近、ウォーキングに身が入るようになったんです!」

これまでの彼女は、定期健診で「適度な運動しなさい」「食べ物に気をつけなさい」と言われ、ウォーキングダイエットを始めてはみたけれど、なかなか続かず3日坊主に。次の健診で再び警告。その繰り返しだったそうです。

これは鈴木さんに限らずよくある話しですよね。

でも今回は上手くいっているのですが、その理由を詳しくお話しします。若さと健康に関心がある方の参考になりますので、最後までお付き合いください。

「最近、ウォーキングに身が入るようになったんです!」

体調不良だった鈴木さん

鈴木さん(仮名)の話によると、最近の彼女は、

  • 血圧が高めで心配
  • 体調が悪い日がずっと続いている

とんでもない病変の前触れかもしれないと心配になり、病院で徹底的に調べてもらったそうです。

幸い、全ての検査は異常なし

つまり今すぐに治療すべき病変は無いので病院には来なくていいと言われたそうです。

でも、体調が悪いのを放っておくわけにはいかないから、と医者に相談すると・・・。

  • 運動不足
  • 食事のバランスがとれていない

この2つを改善する必要がある。このままの生活習慣では、そのうち本当に病気になるだろう。逆に生活習慣を改善すれば、体調はぐっとよくなるはずだ、と言われたそうです。

生活習慣の改善を始めたが

そこで、鈴木さんはウォーキングダイエットを開始しました。

最初のうちは、張り切った気持ちがあって、毎日、毎日、頑張っていたそうです。

でも、時が経つにつれて、次第に、行き詰まってしまって・・・。

考えてみると、「ダイエットが続かない・適度の運動が続かない」というのは、鈴木さんに限らずよくある話しですよね。

沓掛山の絶景に会いに行きませんか?

ちょうどその頃、鈴木さんがお困りだという話をきいて、思い切ってお誘いしてみました。

わたし

沓掛山の絶景に会いに行きませんか?

沓掛山(くつかけやま)というのは、大分県のくじゅう連山の峰の一つです。登山口から30分程度でたどり着く岩山。岩の上に立つと、目の覚めるような絶景を味わうことができるスポット。

沓掛山の紅葉
沓掛山の紅葉

楽に行けるのにすごく感動できるので初心者や体力に不安な人、時間が十分にとれない人にお薦めしています。

沓掛山
沓掛山
沓掛山からの景色
沓掛山からの景色

沓掛山の写真や沓掛山からの風景写真を鈴木さんに見せると、とても興味深く見入っていました。

鈴木さん

でも、私は体力ないし、体調悪いし、大丈夫かな?

と、ご心配の様子。でも、そもそもこの考え方がカラダをダメにしていると思ったんです。

わたし

発想を逆にしませんか?

沓掛山までラクラク行けるカラダを作ろう!

ウォーキングやダイエットに励んだご褒美が沓掛山の絶景だ~♪

とプラス思考で!

鈴木さん

なるほど、確かにそうですね!楽しいことを目標にすると、いつの間にかがんばりますからね♪

鈴木さんの発想が、いい方向に切り替わった瞬間でした(笑)

そこで、沓掛山の現実をきちんとお伝えすることにしました。

沓掛山までの道は急斜面!

沓掛山までは標高差が大きいので、牧ノ戸峠の登山口から入ると、上り坂が続きます。

牧ノ戸登山口の上り坂
牧ノ戸登山口の上り坂

階段状の登山道がずっと続くんです。

学校の活動で久住(くじゅう)山に登る生徒さん達のぼやきを聞いていると、

こんな上り坂がずっと続くなんて死ぬかと思った」と。

初心者には、それほど衝撃的な上り坂。

わたし

鈴木さん、この坂に勝てるようになりましょうね

実は、カラダが慣れて余裕が出来ると、鳥の声が聞こえたり、高山植物に出会える楽しい道に変わります。

鈴木さん

へぇそうなんですね。それは、楽しみです♪

すっかりいい発想が定着したようです。

すると・・・

ウォーキングが劇的に変化♪

それまでの鈴木さんの目標は

それまでの鈴木さんは、

  • 今日は50分あるこう
  • 今日は、一万歩あるこう
  • 今日は8,000カロリー消費しよう
  • 摂取カロリーを500カロリーに抑えよう

という感じの目標をたてて取り組んでいたそうです。

しかし、これでは、達成できたとしてもあまり面白くなかったそうです。だから続かなかったんですね。

楽しいことが目標になったので

その点、「沓掛山までの急斜面を登れるカラダが欲しい!」という目標に変わると、ウォーキングのやり方も様変わりしたそうです。

なるべくアップダウンのあるコースを歩いて、筋力アップをしたい。

最初のうちは上りで息切れしていたのに、数日後は平気に。

あ、体力ついてきてる」と実感できて嬉しくなったそうです。

くじゅう長者原のタデ原湿原散策

体力がついてくると、山歩きしたくなるものです。

そこで、沓掛山の前段として、タデ原(たでわら)湿原散策にお誘いしました。

タデ原湿原とは?

タデ原湿原というのは、長者原(ちょうじゃばる)駐車場のすぐ隣にある広大な湿原で、珍しい植物の宝庫。

人が歩くための木道が整備されていますので、普段着のままスニーカーで気持ちよく歩けるスポットです。

晩秋のタデ原湿原と三俣山
晩秋のタデ原湿原と三俣山

ここをてくてく歩いてとても気持ち良かったそうで、

よし!次は沓掛に!と気持ちが高まったそうです。

※タデ原湿原の詳細は、長者原ビジターセンター公式サイトをご覧ください。

ご自宅近くの低山散策

すると、さらに劇的変化が!

虫が嫌い、蛇が嫌い、だから森の中はイヤだ!

というタイプだった鈴木さんですが、何と、週末になるとご自宅近くの低山を散策するようになったそうです。

森の中の道は、日差しが和らいで、鳥の声が聞こえるのがいいそうです。

若さと健康を保つには?

以上の鈴木さんの事例から、

やまあそびを目標にすると、若さと健康にプラスになる!

と、まとめられそうです。

もちろん、やまあそびに限りません。

  • うみあそび?
  • スポーツ競技?
  • サイクリング?
  • ダンス?
  • etc

楽しみながらカラダ動かすものなら、何でもOKでしょう。

ただ、やまあそびなどの大自然相手のアクティビティには、もう一つメリットがあると思うのでお話しします。

大自然という環境自体がカラダにいい!

やまあそびの行先は、高原です。

  • 目が覚めるような絶景に出会える
  • 空気がきれい
  • 清々しい風
  • 高原の植物に癒される
  • フィトンチッドがカラダにいい(森林成分)
  • 野鳥の声に癒される
  • etc

など、高原という環境そのものがカラダにプラスになると考えられます。

実際、山歩きに出かけてみると、すれ違う人々、老若男女、子どもから大人まで様々ですが、共通する印象として、みんな若くて元気です

元気だから山に行くのか、山に行くから元気なのかは分かりませんが、とにかくお元気な人ばかりです。

若者が元気なのは当然としても、かなりのご高齢の方元気いっぱいで驚かされます。

きっと、山歩きしたいという目標による効果と、大自然という環境との相乗効果の賜物でしょう。

まとめ

では、以上の話をまとめましょう。

一言でざっくり言うと・・・

健康になるには?若さを保つには?⇒やまあそびが効果的!

本ブログでは、やまあそびについて、様々な情報を提供しますので、ぜひ、お読みください。

阿蘇五岳とヒゴタイ

※注※ もちろん、やまあそびに限りません。うみあそびサイクリングなど、大自然相手のアクティビティーも同様に効果的だと思われます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です