日本百名道と言われる「やまなみハイウェイ~阿蘇大観峰」絶景ドライブの魅力!

「やまなみハイウエイ」とは、日本有数の温泉地で有名な大分県別府市を起点に、観光名所である湯布院を経由し、水分(みずわけ)峠から山岳地帯を通り雄大な景色で世界的に有名な熊本県の阿蘇に至る高原道路のことです。特に、水分峠からの山岳地帯には、くじゅう連山の雄大な絶景や、多くのキャンプ場、温泉やレジャースポット、贅沢な高原グルメなど目白押しです。春夏秋冬のそれぞれの季節で景色が変わるのも魅力で、年間通じて多くの人々が訪れるコースです。
水分峠から長者原(ちょうじゃばる)、牧ノ戸(まきのと)峠を通り抜け、眼下に広がる阿蘇の雄大な姿を眺めながら、一気に、大観峰(だいかんぼう)まで行くのもよし。あるいは、途中のスポットで、濃厚ソフトクリームを食べたり、高原グルメを満喫したりするのもよし。さらには、立ち寄り温泉でリフレッシュするもよし、楽しみ方は様々です。

目次

日本百名道と言われる「やまなみハイウェイ~阿蘇大観峰」絶景ドライブやってみた!

まず最初に、大分県由布(ゆふ)市水分(みずわけ)峠から出発して、熊本県阿蘇市一の大観峰まで一気に走り抜ける絶景ドライブを紹介しますね。標高のある高原を通り抜けるルートのため、夏はすがすがしいほど涼しく、冬は、九州なのに雪景色が見られるのが特徴。秋になると青く澄み渡った空の下、紅葉やススキが見所。春は、新緑が美しい・・・。今回のドライブは、夏バージョンです!

水分峠からドライブスタート!

水分峠があるのは、大分自動車道湯布院インターで降りて、国道210号線を日田・玖珠方面に向かって進んだあたりです。

google map から引用

この峠で、国道210号線と県道11号線に分岐しますが、この県道11号線こそが、「やまなみハイウエイ」です。

水分峠

そうすると、高原の林の中を突っ切る感じの道路が続きます。

蛇越展望所を通り過ぎながら

すると、早速、最初の絶景スポット「蛇越展望所(蛇越展望台ともいう)」を横目に通り過ぎます。でも、この展望所からは、何と、湯布院盆地の町並みや由布岳がまるごと満喫できる絶景スポットです。

湯布院の町並みが展望できる

せっかくの絶景スポットだから、ちょっと車を駐めて、一服するのもいいかもですね。

大石原を通り過ぎると!

そのまま、やまなみハイウエイを進んでいくと、路肩に「大石原」という観光標識が現れますが・・・。

大石原

これを過ぎると、景色がガラリと変化するんです!

視界が開ける!

この写真のように、視界が一気に開け、まさに高原ドライブ!という感じになりますよ~。私は、この瞬間に、いつもワクワクしてしまいます♪

朝日台の展望所を通り過ぎる

すると、間もなく、観光標識「朝日台」が現れます。ここは、その名の通り、朝日がとても綺麗なスポットで、朝日台レストハウスをはじめ3軒ほどの飲食店があったはずなのですが・・・。

朝日台

閉店してました(涙)朝日台レストハウスで食べ物買って、屋外にテイクアウトして景色を楽しみながら食べれば、感染防止にもなるし、お店も元気になるし、・・・残念ですね。

飯田高原を疾走!

しばらく進むと、観光標識「飯田(はんだ)高原」が現れます。

写真のように、このあたりの道路は、草原を主体とした高原を走っており、見晴らしが抜群です。しかも、道路のずっと前方には、三俣山(みまたやま)をはじめとする九重(くじゅう)連山がそびえていて、まるで、山の中に吸い込まれていくような感じの道路です。景色を味わいながらゆっくり走りたいものです♪

絶景スポット長者原!

そして、観光標識「長者原(ちょうじゃばる)」が出現します。

長者原

写真のように、道路が、九重連山に向かってまっすぐのびて、カッコいいというか、何というか・・・。おかげで「長者原」標識のところには、いつも誰かが記念写真撮影を撮っています!

タデ原湿原を通り過ぎる!

そのまま、まっすぐ進んでしまうと、最後は山にぶつかります・・・でも、ここでハイウエイは右に大きくカーブします。カーブした先にあるのが、長者原ビジターセンターです。

長者原ビジターセンターとタデ原湿原

この写真の右奥にあるのが長者原ビジターセンターで、九重連山に登山する人々の拠点になる場所です。

また、この道路の左手に広がるのがタデ原湿原です。

牧ノ戸峠を通過する!

牧ノ戸峠

それから5分ほど走ると、牧ノ戸(まきのと)峠にさしかかります。この峠は、標高1500メートルあり、全ルートの中で、一番標高が高い場所にあります。

牧ノ戸峠のレストハウス

この峠には駐車場と、レストハウスがあり、ちょっとトイレ休憩するにはもってこい。また、九重連山への「牧ノ戸登山口」もここです。

濃厚ソフトクリーム

レストハウスでテイクアウトできるソフトクリーム。ブルーベリー味とバニラ味がありますが、私のお気に入りは、濃厚なバニラ味!これを食べずして牧ノ戸峠は越えられぬ(笑)

牧ノ戸峠を越えると阿蘇五岳が視界に!

牧ノ戸峠が全ルート中もっとも標高が高い場所で、それを越えると、視界の中に、雄大な阿蘇の姿が飛び込んで来ます。

根子岳が見える!

阿蘇は、もともと、世界最大級の巨大な火山が噴火し、陥没して出来た世界有数のカルデラ地形です。

Google mapより

この地図で分かるように、陥没した盆地の中に、火山が隆起していて、根子岳(ねこだけ)、中岳(なかだけ)などが並んでいるのです。

仏さんの寝姿、阿蘇五岳

筋湯温泉方面への分岐点を通過!

そのまま、カーブを下っていくと、筋湯温泉方面への分岐点を通過するのですが・・・。

筋湯方面への分岐点

ここの緩やかな斜面は、阿蘇五岳の仏さんの寝姿がよく見える絶景ポイントなんです。

阿蘇五岳がよく見える

そこで、この立地を生かして、星野リゾートの高級宿をはじめ、絶景を見ながら味わえるスイーツショップなどがありますよ。

そしていよいよ最高のドライブスポット!

そのまま進むと、ついに、このドライブルートの中でも、最高の絶景ドライブが楽しめるドライブスポットを通過します!

ちょっと見て下さいな!山でもなく、草原でもなく、起伏のある草に覆われた小さな丘というか・・・。その間を走り抜けるんです♪

草原の中をドライブ!

今のところ、こんな凄い景色、ここ以外で見たことありません!仕事のストレス、モヤモヤ気分、そんな物が吹っ飛んでしまいそうな絶景です!

大観峰方面に右折

この先の交差点で、右折して「大観峰」方面に進路をとります。正確に言うと、やまなみハイウエイから、菊池阿蘇スカイライン(県道45号線、ミルクロードとも呼ばれています)へ乗り換えです。

Google mapより

そうすると、この地図でもお分かりのように、阿蘇の外輪山を西向きに進むことになり、左手に阿蘇五岳をちらちら見ながらのドライブとなります。

外輪山を通過中

ちょっと先まで行って、Uターンすると、外輪山の山肌の右側に阿蘇五岳が!

阿蘇五岳を見ながらドライブ

ついに終着点の大観峰に到着!

そして、ついに終着点の大観峰に到着です。先ほどの地図にもありましたが、大観峰は、阿蘇盆地をぐるりと囲んでいる外輪山のうち、内牧(うちのまき)方向に飛び出した半島のような場所。ここに立ってみると、標高約900メートルの外輪山が遙か彼方までぐるりと連なっているのがよく分かります!

凄い絶景ですよ!

大観峰に到着
外輪山と盆地と根子岳

盆地の標高は約500メートル、大観峰のある外輪山の標高は約910メートル。阿蘇市はこの外輪山にぐるりと囲まれた独特の地形の中にあります。

山遊び人お薦めの「やまなみハイウェイ~阿蘇大観峰ルート」の見どころ

やまなみハイウェイ~阿蘇大観峰ルートの絶景ベスト3

まずは、山遊び人のこの私が推奨する絶景ポイントからご紹介します。クリックすると、絶景画像が開きますので、お楽しみ下さい!

大観峰の駐車場に車を駐めて、売店の奥へ進むと、大観峰展望所があります。

てくてく歩いて行きますが、道中の周囲の景色もなかなかのものです!

展望所の一番先端には、記念碑と望遠鏡がありますよ! ついつい、写真撮りたくなるスポットです。

外輪山の上昇気流を生かして、パラグライダーを楽しむ方がいらっしゃいます。

なんと、「大空からの絶景。10分間15,000円」だそうです。きっと、鳥になった気分で、最高の絶景でしょうね!

やまなみハイウエイ

やまなみハイウエイの長者原観光標識のところからの眺めは、最高ですね!

タデ湿原の遊歩道

そして、ハイウエイが右にカーブしたところにある、タデ湿原の遊歩道も、歩きやすく、植物に囲まれて絶景ですよ。

くじゅうやまなみキャンプ村というのは、長者原にある本格的なキャンプ場。ゲートから入ると、まず、がっちりしたコテージ群が目に入ります。オートキャンプサイトも多数あります。

でも、あえてフリーテントサイトAを見に行って、びっくり!

なんと、くじゅう連山の三俣山・硫黄山が丸見え(このときは、雲の中に隠れていましたが)。ここにテントを張って朝を迎えたら、朝日とともに三俣山・硫黄山がモーニングコールしてくれそうですね。

やまなみハイウェイ~阿蘇大観峰沿いのお薦め立ち寄りスポット3選

次に、山遊び人の私が推奨する立ち寄りスポットをご紹介します。

長者原のタデ原湿原!

長者原のタデ原湿原は、とにかく、ぐるっと一周あるいても1時間しかからない、お手頃散歩コースです。

森林浴でかつて話題になったフィトンチッドに溢れていそうな空気感がいいですよ~♪

くじゅう野の花の郷の野草園

くじゅう野の花の郷(ののはなのさと)は、食事ができるレストラン、お土産ショップの建て物の奥に、野草園が広がります。こじんまりとした小高い丘に遊歩道があって、道沿いに沢山の野草の花が咲いているんです!

この野草園は見学無料! 気楽に立ち寄って、野草たちに癒やされるのもいいですよ~♪

ファミリーに限らず皆が楽しめる「くじゅう自然動物園」

くじゅう自然動物園は、ファミリーはもちろん独りで行っても若者でもシニアでも楽しめる、ユニークな動物園です。どこがユニークかって?それは、動物たちが檻(おり)に入ってないんです!(もちろん、ライオンなどの猛獣は居ませんからご安心を)

くじゅう自然動物園公式HPから引用

「犬と飼い主が見つめ合うと幸せホルモンが出て若返る」という話しを聞いたことありませんか?動物たちには人を癒やしてくれる不思議な力があるのだそうです。

園内の動物たちを、一日中、なで回すと、幸せホルモンたっぷりになるかもですね!

やまなみハイウェイ~阿蘇大観峰ドライブ途中のグルメ&スイーツ3選!

牧ノ戸峠のソフトクリーム

牧ノ戸峠レストハウス

前にもお話ししましたが、牧ノ戸峠駐車場にてトイレ休憩し、レストハウスのソフトクリームを食べましょう!濃厚だから美味しいというのはもちろんですが、登山客の方々の元気なオーラを感じたり、周囲の絶景を見たり、澄んだ空気を吸ったりしながら食べるので、なおさら格別の味がしますよ~♪

山の景色とブルーベリー味!

自然派レストラン「オーガニックキッチンWeed」

観光標識「飯田(はんだ)高原」がある付近は、この地図のように、食事処が幾つもあります。

Google mapより

その中でも、お薦めなのが、こちらです。

いかにも高原のいかにも自然食という感じのヘルシーなランチがいただけます。え?「これだけじゃ、おなか空いちゃうよ!」ですって?

ご心配なく、立ち寄りスイーツがあちこちにありますので、一度に満腹にしない方が、お得ですよ~♪

スパ・グリーネスの立ち寄りランチ!

スパ・グリーネスという絶景ホテルがあるんです。

何と、部屋から目の前に、阿蘇五岳が見え、しかも、部屋には露天風呂・半露天風呂がついているという、絶景ホテルです。

Spa Greeness 公式HPから引用

このホテルは、立ち寄りランチもやっているんです!

所在地は、牧ノ戸峠から阿蘇方面へ下る途中の、筋湯温泉方面分岐点です。周囲には、スイーツの店や星野リゾートのホテルなどがあります。

Google map より

この白いハウスがホテルの受付兼レストランです。

ランチを頼むと、オードブルがきます。そして・・・。

メインディッシュがコチラ。いかにも、ヨダレが出そうでしょ!

やまなみハイウェイへの交通アクセス情報

やまなみハイウエイ~阿蘇大観峰へのアクセスですが、この地図でお分かりの通り、公的交通機関がありません。だから、車でのアクセスとなります。

Google map より引用

車(レンタカー)でのアクセス情報

Google map より引用

車でやまなみハイウエイ~阿蘇大観峰ルートにアクセスするには、大分自動車道九重(ここのえ)インターまたは、湯布院(ゆふいん)インターを降りて、国道210号線の水分峠へ向かうのがお薦めです。

レンタカーを借りるなら

遠方の方で、新幹線で九州に来られる場合は、新鳥栖(しんとす)駅下車がお薦めです。駅前に、何件もレンタカーショップがありますので、ここで借りると、そのまま、鳥栖インターから大分自動車道路にアクセスすることができます。

航空機を利用して九州に来られる場合は、福岡空港でレンタカーを借りて、九州自動車道太宰府インターからアクセスすることができます。あるいは、大分空港でレンタカーを借りて、大分インターからアクセスする方法もあります。

やまなみハイウェイのQ&A

:道中にコンビニはある?

A:いいえ、ほとんどありません。瀬の本レストハウスの中にコンビニがありますが、夜間は閉店します。買い出しするなら、昼間のうちに!

:道路の混雑具合はどの程度?

:渋滞することはほとんどありません。でも、ゴールデンウィークや行楽シーズンはかなりの人出となります。なお、牧ノ戸峠の駐車場は、山開きする6月の休日は、登山客の車が早朝から駐車するため、すでに満車になっていることが多いです。

:道路凍結は?

:南国九州といっても、標高が1000メートルを越える高原なので、気温が下がり、零下になることは珍しくありません。このため、冬場のドライブには、滑り止め(冬タイヤ等)が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です