【車中泊】車内でぐっすり眠れる快適なマットのおすすめは?通販サイトの口コミをもとに探ってみた!

車中泊マット

せっかく楽しいことが待っているのに、睡眠不足で体調が優れないというのは勿体ないですよね。「ぐっすり眠れる環境づくり」は楽しく快適に遊ぶためにとても重要! 

 この記事では、車の中でぐっすり眠るための車中泊マットについて、大手通販サイトAmazonの口コミをもとに検討します。

目次

車中泊マットを選ぶポイントは?

ポイント1:自分の車のサイズに合わせて選ぶ!

 家の中でぐっすり気持ちよく眠るためには、ゆったりサイズの方がいいのですが、車中泊マットの場合、そもそも、自分の車に乗せられない大きさのマットは役に立ちません。だからといって、小さすぎるマットも安眠できません。車中泊マットを検討するための第1歩は、メジャーで自分の車の居室サイズを正確に測ることです。
  ~メジャーで車の居室サイズを正確に測っておく~

スチールメジャー

 また、車内の収納スペースには限りがありますから、使わない時には、なるべくコンパクトに収納できることも重要です。折りたたみ式のモデルや、エアー式のモデルなど、収納時のサイズもしっかり検討したいものです。

ポイント2:エアー式の場合、空気の入れ方をチェック!

 空気で膨らむタイプのエアーマットの場合、エアーの入れ方が、手動式自動膨張式の2タイプあるので、どちらがいいか十分に検討したいものです。

手動式とは

 浮き袋やゴムボートのように空気バルブから空気を注入して膨らませるタイプがこれです。構造が簡単なので、比較的安い価格で入手できるところが魅力です。また、10cmを超える厚さも実現可能です。

コールマン(Coleman) エアーベッド
コールマン(Coleman) エアーベッド

ただし、体力に自信があるなら、息を吹き込んで膨らませることが可能ですが、一般の方は、ふらふらになってしまいますので、ポンプを利用するのがいいでしょう。
 中には、電動エアーポンプが標準で付属しているモデルや足踏み式エアーポンプを内蔵しているタイプもありますので、要チェックです

自動膨張式とは

 バルブを開けるだけで自動的に膨らむタイプが自動膨張式です。たとえて言うと、台所用のスポンジたわしの中には、ビニール袋に入っている時はぺっちゃんこで、袋を破って取り出し水にさらすと膨らんでスポンジになるタイプがありますが、これと似た原理で、マット内部の高反発ウレタンフォームの働きで膨張します。バルブを開けるだけで膨らんでセッティングできるところが便利です。

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマットハイピーク
Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマットハイピーク


買ってきてすぐの段階では、ウレタンフォームにペンちゃんこ癖がついていますので、バルブを開けて半日ほど日光浴をさせてウレタンフォームをもとの形に戻しておくといいそうです。
一方、収納する場合は、空気を押し出しながら巻き取って行き、収納袋に入れて完了です。

ポイント3:折りたたみ式の場合、収納時のサイズをチェック!

 折りたたみ式のマットの場合、使用時と収納時の体積は変わりません。したがって、折りたたんだ状態の時に、意外にもかさばりますので、折りたたみサイズをしっかり把握して、自分の車の荷物室に収納できるかチェックする必要があります。

シュラフ
畳むとシュラフサイズになるマットもある!

ポイント4:車中泊ではマットの厚さが大切!!

 車のシート(座席)は、もともと、ドライブ中に乗員のカラダを安定させ安全に運行できるように作られているため、独特の凹凸があります。一方、ぐっすり安眠できるマットの条件は、フラット(平ら)であることが重要なので、マットに求められる性能としては、シートの凹凸をどれだけカバーできるか、という点が重要です。

 車中泊マットの厚さは10センチ欲しい

凹凸があるのに無理して寝ていると、次の日の朝、背中が痛んだり腰が痛んだりして、遊ぶどころでは無くなってしまいます。凹凸を吸収してくれる厚さが欲しいところです。
 一方、厚くなるほどかさばりますので、どこで折り合いをつけるか、じっくり検討しましょう。

ポイント5:冬場を想定して断熱性能もチェック!

秋から冬にかけての車中泊では、マットの断熱性が大切です。

冬の阿蘇大観峰で御来光
冬の阿蘇大観峰で御来光

例えば、「冬の阿蘇大観峰で御来光を見る」という場合、南国九州の阿蘇とは言っても、明け方の気温はマイナス5℃とかマイナス10℃の世界。それでも、断熱性能がしっかりしていると、エンジンを止めたままぐっすり眠ることができます。

関連記事:幻想的!行った気になる阿蘇ミルクロードの夜明け~冬~

一方、断熱性能が弱いと、たとえエアコンで暖房しても足先や背中がヒンヤリしてしまいます。おまけに、足元が結露で湿っぽくなって余計に寒くなることもありますので、断熱性は要チェックです!

Amazonランキングから探すときに気をつけたこと

口コミの数が100以上

 最近、インターネットの「口コミ」について、「サクラ」による肯定的書き込みが問題になっています。たとえば飲食店を紹介するサイトで、架空のユーザーによる肯定的な書き込みによりあたかも人気店のように表示されてしまった、という報道もなされています。こうした、サクラによる口コミをできるだけ回避するには、口コミの数が最低でも100以上あるものに絞って検討することにしました。

評価1を付けた理由をよく見る

 評価の平均値が公開されています。原則として、平均値が5に近いものにスポットを当てていきますが、平均値のマジックに気をつけたいと思います。

平均値のマジックとは
  • 3を付けた人が20人という商品の平均値は3
  • 5を付けた人が10人、1をつけた人が10人という商品の平均値も3

どちらも平均値は3なのですが、後者の商品は要注意です。評価1をつけた人が多いということは、商品そのものに欠陥がある可能性が高いからです。口コミよくみて、製品の不具合を理由に1を付けた人が多い場合は、NGです。

最初は、シングルマットに絞ります!

良さそうなシングルマットが見つかったら、まず1枚購入し、実際に使って本当によかったら、追加購入するというのがベターでしょう。そこで、最初はシングルマットに絞って探します!

車内でぐっすり眠れる快適なマットはどれ?Amazonの口コミをもとに分析してみた!

車中泊マットとしてさまざまな商品が出回っていますが、Amazonランキングを参考に評判がいいものを探してみました。

FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 【Sサイズ/カーキ】

売れ筋ランキング1位は、FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 【Sサイズ/カーキ】でした(※本記事作成時点でのランキングです)。そこで、この商品を検討してみましょう!

Amazonより引用
項目内容
タイプ自動膨張式エアーマット
サイズ長さ188cm 幅60cm 厚さ 10cm
収納サイズ円筒形(直径28cm、長さ68cm)
重量2.7kg
その他2枚連結可
口コミ数と評価100未満(取材時)

厚さが10cmあり、車内の凹凸を吸収してぐっすり眠れそうなスペックです。収納時のサイズも一般的なシュラフ程度の円筒形(直径28cm、長さ68cm)なので、車の荷物としてはまあまあのコンパクトさ。価格もまあまあの価格帯。さすが、ランキング1位だけあります。しかしながら、口コミの数がまだ少ないので、現時点ではこのマットは保留です!

Spitze Forge エアーマット 足踏み式 キャンプマット

次は、ランキングの比較的上位に登場するSpitze Forge エアーマット 足踏み式 キャンプマット 1人用を検討してみましょう!

Amazonより引用
項目内容
タイプ手動エアーマット(ポンプ内蔵)枕一体型
サイズ長さ195cm 幅65cm 厚さ 8cm
収納サイズ円筒形(直径14cm、長さ29cm)
重量775g
その他足元部分にエアーポンプ内蔵
口コミ数と評価352 評価3.8(取材時)

厚さ8cmで車内の凹凸を軽減してくれそうなスペック、収納時はペットボトル1本程度のコンパクトな大きさで軽量の775gです。価格もリーズナブルなので、一つ買ってみても良さそうなのですが・・・。問題は評価1の数です

評価して下さっている人は352人もいるので、データとしてはかなり信頼できそうです。その中の11%(約39人)の方が評価1をつけていらっしゃるのです。

ユーザー

使用中に空気が抜けてしまうから評価1にしました。

「使用中に空気が抜けてしまう」というのが主な理由です。中には、「空気漏れの穴が7箇所も見つかった」というコメントもあるので深刻です。同様の「空気漏れ穴が開いていた」という指摘は、評価4の方にも散見されます。
よって、この商品は見送りですね。

アイリスプラザ 車中泊 マットレス 厚5cm

ランキングの比較的上位に登場する、アイリスプラザ車中泊マットレス厚5cmについて検討しましょう!

Amazonより引用
項目内容
タイプ自動膨張式エアーマット(枕一体型)
サイズ長さ190cm 幅65cm 厚さ 5.8cm
収納サイズ円筒形(直径20cm、長さ60cm)
重量1.6kg
その他2枚連結可能
口コミ数と評価102 評価 3.8(取材時)

 車中泊マットとして最初に買ってみる価値は十分ありそうなコスパ抜群の商品です。

 収納時は小型シュラフ程度のコンパクトサイズで、バルブを開けて展開すると、自動膨張するようです。自動膨張タイプを初めて使う場合、長く続いた収納状態のクセがついているため、膨張に時間がかかったり、モミモミが必要だったりするようですが、クセをとってしまえば、使い勝手が向上すると思われます。

 気になるのが評価1や2を付けた人の数です。合わせて12人ほどの人がつけているのですが、5人の方が「空気が漏れる」と指摘。中には、「エア枕のバルブに穴が開いていない(空気の通り道がふさがっている)せいか膨らみません」という指摘。評価4の方の中にも、「バルブ付近に小さな穴が空いていた。」という指摘。

ユーザーさん

バルブ付近に小さな穴が空いていたので、パッチを貼ってしのいでいます。


よって、この商品は見送りですね。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット

ランキングの比較的上位に登場する、コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIIIについて検討しましょう!

キャンパーインフレーターマット シングルIII
項目内容
タイプ自動膨張式エアーマット
サイズ長さ195cm 幅63cm 厚さ 5cm
収納サイズ円筒形(直径15cm、長さ70cm)
重量1.8kg
その他2枚連結可能・収納袋を空気ポンプとして使える
口コミ数と評価371 評価4.4(取材時)

コールマンといえば、信頼性のあるアウトドアブランド。エアーマットとしての耐久性や使い勝手についても、信頼できそうです。その分だけ、価格が少し上がりますが。。。。(価格は変動しますので、Amazonサイトでご確認下さい)

 マットの厚さは約5cmです。若干薄いような気がしますが、口コミを読んでみると、「薄いと思って心配しながら購入したが、意外に丁度よかった。」という意見も多数。自動膨張式については、やはり、収納クセをとってあげてから使う方がいいようです。
また、収納袋に空気を入れバルブとつなぐと、収納袋を空気ポンプとして使えるようですが、実際に使った皆さんの声から判断すると、これは「おまけ機能」。もし膨らみが足りなければ息を吹き込む方が手っ取り早いようです。
全部の口コミを見て言えることは、製品としては問題無し!「空気漏れ無し」です
よって、この商品は、欲しいものリストに入れても問題ありません!

欲しいものリスト

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII

なお、このモデルにはバージョンアップした新商品があります↓

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマットハイピーク

先ほどの、シングルⅢの厚みを増した商品が、Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマットハイピークです。

Colemanキャンパーインフレーターマットハイピーク
項目内容
タイプ自動膨張式エアーマット
サイズ長さ198cm 幅68cm 厚さ 9.7cm
収納サイズ円筒形(直径21cm、長さ72cm)
重量2.7kg
その他2枚連結可能・収納袋を空気ポンプとして使える
口コミ数と評価366 評価4.6(取材時)

コールマンの極厚エアーマットだけあって、「寝心地抜群」というコメントが多数見られます。その分だけ、更に価格が上がりますが、ぐっすり寝て次の日に思い切り遊びたいという目的には十分合致するかもしれません。
なお、極厚になった分だけ収納時のエアー抜きに手間がかかるようです。電動エアーポンプなどを用意してバキュームするといいかもです。
商品の欠陥などは見当たりません。よって、この商品は欲しいものリスト入りです。

欲しいものリスト

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマットハイピーク

【専用ポンプ付き】アイリスオーヤマ エアーベッド厚22cm

いわゆるエアーベッドタイプのマットを探してみました。【専用ポンプ付き】アイリスオーヤマ エアーベッド厚22cmが見つかりましたので、早速検討してみましょう!

Amazonより引用
項目内容
タイプ手動エアーマット
サイズ長さ191cm 幅73cm 厚さ 22cm
収納サイズ四角形(縦35cm 横37cm)
重量1.4kg
その他エアーポンプ付属
口コミ数と評価935 評価3.2

ざっくり言うと、海水浴でよく見かける筏(いかだ)型の浮き袋をマットレスの大きさにした感じの製品です。空気を入れれば厚さがぐんぐん増して22cmにもなります!空気を抜けばコンパクトになるので重宝ですね。

しかしながら、評価の低さが気になります。評価1と評価2の合計が3割にもなっています。

口コミに多く見られる「空気漏れ」

評価の低さの原因は、空気漏れのようです。口コミをくまなく読んでみると、空気漏れに関する記述が数多く見られます。エアーベッドなのに、空気が漏れてしまっては、致命的ですから、この商品は見送りですね。

「落ちる」というコメントも多い

厚さ22cmもあって、車のシートの凹凸を完全に吸収してくれそうなマットに思えていたのですが、口コミで多く見られるのが「落ちる」というコメントです。

ユーザーさん

直立不動の姿勢で中央に寝れば大丈夫でしょうが、少しでも寝返りをうつひとなら確実に落ちます。空気を少な目に入れるとハンモックのように腰が沈みⅤ字になる、多めにいれれば中央が山なりになり転がり落ちる。

Amazon販売サイトの口コミから原文のまま引用

寝ている間に、マットレスから落ちてしまう・・・という指摘です。空気をしっかり入れると、バランスボールの上に寝ているようなもの。かといって空気を減らすと腰が沈んでしまう・・・。上手くいかないものですね。

Colemanアドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド

エアーベッドに関しては、「空気漏れ」による評価1がついている商品が多数あるので、このカテゴリー商品はそもそもダメなのか、それとも、作り方なのか知りたくなり、コールマンの製品をあたってみました。Colemanアドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッドについて検討しましょう!

Colemanアドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド
項目内容
タイプ手動エアーマット
サイズ長さ185cm 幅135cm 厚さ 20cm
収納サイズ四角形(縦30cm 横36cm)
重量2.5kg
その他エアーポンプ付属
口コミ数と評価79 評価4.3

メーカーの説明によると、「軽量でパンクに強いダブルレイヤー仕様」とのこと。
生地は伸びにくく、破れにくい「PUNCTURE GUARD™」というのですが、詳しくは・・・。

PUNCTURE GUARD™とは

同サイズのコールマン社製エアーベッドと比べて

  • 47%パンク性能アップ
  • 25%強度アップ
  • 18%軽量化

その分値段も上がりますが、口コミ(取材時点はまだ79)で評価1、評価2を付けた人は79人中1人だけ。全ての口コミを通して「空気漏れ」という声はありません!

車内の幅にぴったりで落ちないようです!

また、全ての口コミを通して「落ちる」という声はゼロ。どうやら、135cmという幅が功を奏しているようです。車内の横幅にぴったりなのでいいようです。

ミニバンの後部座席にぴったりのサイズのようですが、中には、軽自動車(たぶん運転席~後部まで)にもぴったりサイズという声もあります。

ユーザーさん

軽自動車泊にぴったりサイズ

ベットの代わりに使用。安定しています。

販売サイトから原文のまま引用

商品の欠陥などは見当たりません。よって、この商品は欲しいものリスト入りです。

欲しいものリスト

Colemanアドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド

まとめ~車内でぐっすり眠れる快適なマット~

これまで、車内でぐっすり眠れる快適なマットについてAmazonの口コミをもとに分析してきましたが、いかがでしたか?

口コミも100を超えるとその商品の真の姿がおぼろげながらも伝わって来ます。

  • この商品はヤバそう、やめた方がいいかも。
  • この商品は問題なさそう、欲しいものリストに入れよう!

という判断の材料になりました。

今回、欲しいものリストに入れたマットは、きっと車内での安眠の役に立と思いますよ♪

最後に

空気を使うマットはシビア?

調べてみて、欲しいものリストに入れられる商品が、意外に少なくて驚きました。

空気を入れるマットであるが故に、少しでも空気漏れが起きるとNGになりやすい・・・ということでしょうか?

そこで、空気マットに頼らない方法、つまり車内に折りたたみベッドを木材DIYで設置して凹凸をなくし、2cm程度のクッション材を敷く・・・そいう方法も考えますのでご期待下さい!

ブログランキング参加中♪

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です